rogo
 
芽室遺産 10線防風林
photo
平成18年度芽室遺産写真コンテスト 10線防風林部門優秀賞 
撮影:早苗博司

10線防風林

新生から上伏古地区におよぶ全長9,200m・幅62mの防風林で日本一の長さを誇ります。

photo
▲10線防風林
芽室町では開墾が進むにつれて、十勝特有の日高山脈から吹き降ろす西風から農作物を守り生産性を向上させるため耕地防風林の植栽が計画的に行なわれていました。しかし、1960年代になると農業経営の機械化・大規模化の進展や道路改良工事などに伴い支障が多いとして、その大半が伐採されてしまいました。そのような状況の中で芽室町の10線防風林は大正11年耕地の保護・農産物の生産増強に寄与する目的で国から防風保安林の指定を受けました。

photo
▲鳥類、小動物のすみかにも
防風林は今後の環境・生態系を考えた上でも、鳥類のすみかになるのと同時にエゾリスなどの小動物の移動ルートとなり、十勝の重要な緑のネットワークの要素となっています。この壮大な防風林は十勝らしい農村風景を守り今後の生態系を育んでいく上で重要な地域資源として再評価されています。

果てしなく続くかのような素晴らしい景観と芽室町の農業に貢献していることはもちろん、山菜やキノコ、鳥類、エゾリスなど自然の宝庫であることが評価され、平成18年3月「芽室遺産」に認定されました。
観光施設・名所紹介 10線防風林のページ