rogo
 
芽室遺産 花菖蒲園
photo
平成18年度芽室遺産写真コンテスト 花菖蒲園部門優秀賞 撮影:舟渡 博美

花菖蒲園

初夏、芽室のまちを彩るのは花菖蒲。
芽室公園の西側に位置する花菖蒲園では2.7haの敷地内に610種、2万5千株の花菖蒲が競うように咲き、訪れる人の目を楽しませてくれます。
7月には「イリスフェスタインめむろ」が毎年開催され、満開の花菖蒲のなか日本情緒を味わうことができます。
種類数は、北海道一で、全国屈指の花菖蒲園であることが評価され、平成18年3月「芽室遺産」に認定されました。

《花菖蒲園のはじまり》

昭和60年に芽室町在住の画家(村元俊郎氏・故人)が「自分の育てた花菖蒲を道東中に咲かせたい」という夢を持ち、芽室町に株を寄贈したことを受け、当時湿地帯であった芽室公園の西側に数十本を移植したのが始まりで、種類・株数ともに徐々に増え、現在の610種、2万5千株になりました。
観光施設・名所紹介 花菖蒲園のページ