蕎麦とにじます料理 松久園

岐阜県より北海道に移住した初代・松久市治が大正七年に建てた住宅で、大正の雰囲気が残る、趣きのある建物です。現在は料理屋として新鮮なにじますを使った塩焼きやから揚げなどが楽しめます。

「松久園の母屋」は、その料理とともに歴史ある重厚な農家住宅の造りと華麗な白壁の美しさなど、十勝農業の歴史の中でも重要な意味を持つ歴史的文化遺産として、平成18年3月「芽室遺産」に認定されました。

場所は芽室市街から新嵐山へ向かう途中の左側にあり、入り口には大きな看板があります。松久園は庭園も素晴らしく、十勝名木百選に選ばれたケショウヤナギやサボテンなどもあり、四季折々の花々を楽しむことができます。

基本情報

住所 芽室町美生1線20
TEL 0155-65-2321
営業時間 11:00〜17:00(L.O. 16:30)
定休日 水曜・年末年始
アクセス 芽室駅より車で10分